ヴィトラック

※円形脱毛症など、一部保険適応外となる疾患があります

ヴィトラックとは

皮膚疾患の中には、紫外線療法が有効なものがあります。
ヴィトラックは、白斑や乾癬などを治療するターゲット型UVB照射器です。
病変部にだけピンポイントで治療できる上、他の紫外線療法(PUVA、ブロードバンドUVB、ナローバンドUVB)や内服薬、外用剤とも併用できるのが特徴です。 治療効果を感じられるまでの時間が短い、かゆみがおさまるのが早い、副作用のリスクが少ないなど、期待の最新紫外線治療です。

病変部にのみUVBを照射する、ターゲット型です。
UVBを広範囲に照射すると、正常部位への色素沈着や発がん性のリスクの心配がありました。ヴィトラックの場合、UVBが照射されるスポットサイズは6.1cm×3.1cmと小さく、正常部位へのUV曝露が少ないのが特徴です。

光を照らすと、光の先はだんだんと弱くなります。弱い光をいくら照らしても遠くまで届きませんが、強い光なら一瞬であっても遠くまで照らすことができます。
ナローバンドUVBの約180倍の強さの光なので、ワンショットごとに深くまで光がしっかり届きます。

ヴィトラックの適応

  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿胞症
  • 扁平苔癬
  • 類乾癬・菌状息肉症
  • 皮膚T細胞リンパ腫
  • 円形脱毛症
  • 強皮症
※円形脱毛症など、一部保険適応外となる疾患があります

周東 朋子(群馬大学医学部 卒 : 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医)

群馬大学付属病院に在籍しておりました時には、乾癬を中心に光線療法を要する多くの患者様の診察に従事して参りました。 群大病院と同様に当院でも採用されている紫外線療法(VTRAC)は、乾癬・白斑などの疾患への高い有効性があるといわれております。
外用療法だけでは、効果を今一つ感じることができない患者様を始め、ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

Q&A

痛みはありますか?
まれに、ちりちりとした感覚がありますが、痛みはほとんどありません。お子様や年配の方でも安心して受けていただくことができます。
どんな治療?
ヴィトラックで治療する部位を決め、正常部位を保護しながらハンドピースをあて、光をワンショットずつ照射していきます。従来の全身型治療と違い、疾患部をピンポイントで照射するため、短時間で治療できます。(疾患の面積により時間は異なります。)
今、他のUVB治療も受けています。
他のUVB治療も含め、内服薬や外用剤とも併用できます。詳しくは、医師にご相談ください。
ヴィトラックはどんな人に向いた治療?
ターゲット型治療器のヴィトラックは、下記のような型におすすめです。
  • 全身型治療器では光が当たりにくい部位、または影になる部位に疾患のある方
  • 従来の治療効果がそれほどあらわれていない方
  • 疾患の面積が小さい方
治療を受けると日焼けしますか?
紫外線療法ですので、同一部位に照射を繰り返していくと、徐々に色素沈着していくことがあります。