医療コラム

シワは種類を見極めて対処を

シワ 顔のシワは、大きく分けて2種類あります。「皮膚のたるみよるシワ」と「表情筋によるシワ」。「皮膚のたるみによるシワ」の代表例は、ほうれい線など。 加齢とともに皮膚の弾力性が失われることで目立つようになっていきます。これに対しては①ヒアルロン酸、②リフトアップ機器などを用いて、ケア、修正を行っていきます。

一方「表情筋によるシワ」の代表例は眉間や目尻のシワ。長年の表情に伴い刻まれていくものです。これに対しては、ボツリヌストキシンで表情筋の収縮を緩めてあげることで、改善を図っていきます。
<リビングさいたま4/22号掲載>
バックナンバー