ケロイドとは、皮膚に外傷や火傷、手術後にできる、膨らみまたは赤みなどをもった傷跡のことです。過剰に結合組織が増殖することにより発症します。

傷が治りにくかったり、化膿したり、傷に異物が混入するなどして発症することが多いですが、まれに突然発症する場合もあります。かゆみや痛みを伴うことがあります。

圧迫療法、薬物治療、外科的治療などが主な治療法になります。

薬物療法としては、副腎皮質ホルモン薬を患部に直接注射する方法が効果的です。また、ステロイド軟膏を塗る、ステロイドテープを貼るなどの治療もあります。 他には抗アレルギー薬の内服を行うことがあります。

また、外科的に切除する場合は、再発予防に放射線治療を併用することがあります。 難治性のため、その症状に適した治療を継続して行うことが大切です。